ピストからロードバイクに乗り換えたら、自転車の楽しみ方が驚くほど広がった!

ロードバイク

2018年の9月、長らくお世話になっていたピストに別れを告げ、念願のロードバイクを手に入れました。それからというもの、頭の中はロードバイクで一杯なわけです。

お世話になったピストにありがとう、そしてサヨウナラ・・・。お疲れ様です、バシさん(@bashirock)です。

ピストも楽しかったんですが、以前から興味のあったロードバイクへの気持ちが大きくなっちゃって乗り換えることにしました。今では、ロードバイクを買って心底良かったと思えています。

ロードバイクを買っても止めてしまう人もいる中で、これって幸せなことだと思っています。

ちなみにピストはサイクルパラダイスさんに売ってロードバイクを買うお金に変わりました。重ね重ねありがとう。

バシさん
街で見かけたら遠くから見守るね・・・。

ロードバイクに興味があるが今一歩踏み出せない、そこのあなた

ロードバイク購入までの道のり・何がそんなに楽しいのか、をそんなあなたに伝えたくなったので記事にしました。

生活が変わるんすよ、ガチで。

うわピチパン・・・ロードバイク乗りに対して否定的だったあの頃

ピストに乗り始めたころ、正直ロードバイク乗りがそれはそれはダサいと感じていました。

今になって思えば視野の狭い自分に、ブラックエンジェルズよろしくスポークでとどめを刺したいです。

でも、当時はピチピチモッコリ汗だくおじさんが必死の形相で走っているのがたまらなく嫌でした。危険な人も見かけてましたし。

だから、最初のスポーツ自転車はストリートなカッコよさでピストを選びました。

しかし、2010年代に入ってからというもの、「弱虫ペダル」や「ろんぐらいだぁす」などロードバイクを扱ったアニメ人気も後押ししてロードバイク人口が急激に増えましたよね。

しかも、なんかオシャレでカッコいいロードバイク乗り、いやローディー達が目に飛び込んできたんです。

バシさん
やべえ・・・かっこいい・・・!

興味本位で見てしまった弱虫ペダル・・・もう後はペディグリーチャム並みにロードバイクにまっしぐらですわ

SPECIALIZEDのロードバイクにしたのは田所先輩の影響なのは秘密。

ロードバイクには自転車の魅力がてんこ盛り

さて、何がそんなに良いんだと思う方もおられるでしょう。

この数カ月でロードバイクに感じた魅力を並べていきますね。でもね、やっぱりこればっかりは乗らないと伝わらないんです。

バシさん
ふーん・・・。」で終わっちゃうかもしれないけど、興味持ったら暇なときに試乗だけでもしてみて!感じて!

とにかく速い!風切っちゃう!遠く行っちゃう!

普通の成人男子がペダリング云々抜きに鬼こぎすれば、今まで他の自転車で味わったことのないスピードにビビり、好きなあの子の手の如くとっさにブレーキを握ってしまうことでしょう。

慣れてくれば、走り足らなくなって、お母ちゃんが心配するくらいどんどん遠くまで行っちゃうことでしょう。

とにかく軽くて速い!これはロードバイクでまず出てくる醍醐味じゃないでしょうか。

年を取っても楽しめ、長くつきあえる趣味になる

ロードバイクは楽しんでいる年齢層が幅広いですね、本当に。

しかも、見渡すと割と高めな年齢層が多い気がするんです。機材にお金がかかるからなのか・・・とも正直思いますが、長く楽しめる趣味には違いないです。

しかもキャリアがあるだけあって、年配のローディーは速い・・・!

僕は36歳から始めたわけですが、健康であればあと20年30年は乗れるんだなあと思います。

メタボなんかやだやだ!運動不足解消

ロードバイクで走るだけで運動になります。

距離を走ればそれだけカロリー消費。トレーニングをしながらカッコいい体を手に入れろ!

速く走るための筋トレなんかにも手を出したくなります。おっさんになればなるほど運動大事。超大事。

サイクルジャージに身を包んだ時の非日常感

あれだけ毛嫌いしていたレーパンを、今ではロードバイクに乗る正装だと認める日が来るとは。

少しきつめのサイクルジャージとパッドの付いたレーパン、そしてヘルメットをかぶる。一つずつ身に着けるたびに気分が高揚していくんです。「よっしゃ!走るぜ!」って。

何か特別なことをしてる感がすごいです。そして3割増しでカッコよくなります。サングラスもしてるし。

これは所謂ゲレンデマジックに近い。

世に出回っているパーツが豊富で物欲が止まらない

ロードバイクのパーツが星の数ほどあるわけですよ。その中からビビッと来るモノを選ぶわけですよ。

それこそチェーンオイルからネジ一本からホイールからフレームまで。まだ高価なパーツは買えていないけども。

自分のロードバイクを俺色に染めていくワクワクは止まらない。

輪行して見知らぬ土地へ!自転車旅行も難しいことじゃない

ロードバイクのホイール(タイヤがはまってる輪っか)ってめちゃくちゃ簡単に外れるんですよ。心配になるくらい。

でもそのおかげでバラシて袋に入れて電車や飛行機(これはちょっと大変かも)に乗れるんです。これが「輪行」。

自走は無理だと感じる距離でも、電車に乗ってそこへ行きサイクリングが楽しめるわけです。山や海、海外だって、自分が走りたい所があれば行けるわけです。

もちろん遠くになればなるほど手間暇や準備はかかりますけどね。

自転車持って旅行って憧れません?

もちろん、自転車に荷物をくっつけて行けるところまで自走する本当の意味での自転車旅行も、ロードバイクならガンガン行けます。計画中です!

メンテナンスの重要性と面白さを感じられる

ずぼらな自分でも、ロードバイクには毎日のように目をかけています。

安全に乗りたいし、ロードバイクの調子が悪いと走りながら気になって滅茶苦茶ストレスですからね。

本もたくさん出てますから、学びながらメンテナンスしています。ロードバイクの構造やメカニズムって男心をくすぐります。

「1/1スケールのプラモデル」とはまさに言いえて妙ですな。

ALLEZ SPRINT COMPに一目ぼれ!

結局何を買ったかと言うと、「SPECIALIZED」というバイクブランドの「ALLEZ SPRINT COMP」 です。

もう、これがカッコよくてカッコよくて。

バシさん
惚れてまうやろ!

ロードバイクの知識もなく、スポーツバイクショップにビビっていました、怖くないですか?専門店って。

手を出せそうなロードバイクをネットで調べる日々。予算は15万円。5万とかで買えるロードバイクはわからないながらも避けました。悪い評判しか見なかったので。

そんな折、地元の自転車ショップのサイトにたどり着きました。

バシさん
あれ?地元にこんなお店あったんだ・・・。ふむふむ・・・あれ?ALLEZ?ALLEZ!!

地元にお店があって、見た目もカッコいい、しかも予算の15万をちょっと超える程度・・・。これは運命です。ジャジャジャーンが頭の中で鳴りました。

いや割とガチで。

早速お店に突撃隣のサイクルショップ

居ても立っても居られなくなり、お店に直接伺い問い合わせ。

バシさん
はあはあ・・・あの・・・ネットに乗ってるALLEZ SPRINNT ありますか・・・!

足を踏み入れたサイクルショップは個人店。店主はまるで刀鍛冶のような難しい顔でロードバイクをメンテしていました。

ビビりながら聞く僕。

手を止める店主。

「ちょっと待ってな。」(緊張のせいでそう聞こえただけで多分もっと丁寧な言い方)

話を聞くと、在庫が倉庫にあるので取り寄せとのこと。しかも話してみればロードバイクのことを優しく教えてくれる、これが・・・鬼面仏心。

バシさん
勝手にビビっててすんませんでした!

お店に行ってから他のロードバイクと少し悩んだんですが、店主の「最初の1台は見た目で選んじゃっていいと思うよ。これ105付いてるし。」の一言で決心。近年まれにみる決心。

この日は、同じロードバイクの色違いががあったのでサイズ合わせだけして帰宅しました。

ついに納車の日、ポジション合わせと初めての変速体験

1週間後の休日、ついに納車の日。

必死に貯めたお金を握りしめお店に向かいます。ワクワクで心臓が鳩時計みたいになりながら

お店に入ると、店主が頼んでいたロードバイクを奥から出してくれました。

バシさん
うおーかっけー!!

広いとは言えない店内で叫ぶ。迷惑。

だってカッコいいんだもの。ALLEZちゃん。

ロードバイクを買うと、必ず買ったお店で運転時のポジション出し(サドルやハンドルの運転する位置)と操作方法を説明してくれます。

初めてなのでゆるめのポジション

まずはポジションの調整。

ピストの時に前傾姿勢で自転車に乗ることには慣れてるはずだったんですが、ロードバイクに乗る姿勢は予想以上にきつかったです。

なので割とゆるめのポジションにしてもらいました。

慣れてくるとみんな、もっとハンドルは低く遠く攻めたポジションになっていくと店主談。

ロードバイクの変速、最初はパニック

続いて操作方法。

固定ローラーの上で走りながら変速の説明を受けたんですが、最初はもう思考回路がショート寸前

バシさん
左が前で右が後ろ?今ギヤはどの位置?軽!重!

これは走りながら徐々に慣れていくしかないですね。今でも変速のテクニックは練習中です。

最後にホイールの外し方を教えてもらい、完了。

ロードバイクを初めて買う時のポイント

初めて買うんだから何もわからないんです。

知ってる人からコレのあそこがいい、アレのそこがいいって言われても?マークが舞い踊る

バシさん
剛性?ぢゅらえーす?それ美味いの?

だからポイントは2つに絞ります。

僕の考える初めてロードバイクを買う時のポイント
  1. 予算
  2. 見た目

この2つのバランスが取れたロードバイクが見つかったら、迷わず行きましょう。行けばわかるさ。

あとはお店の人に相談しまくる。そのお店もフィーリングの合う合わないが出てくるはず。知り合いにローディーがいれば買いに行くときはついてきてもらいましょう。

一人なら直感を信じて。ド定番はY’sRoadですね。

それから価格帯。あまりにも安いロードバイク・・・と呼べるのかわからないものは最初から選択肢には入れませんでしたが、これは正解でした。

絶対後々後悔するので10万~15万クラスのロードバイクから選択肢に入れ始めるべきです。お金持ちの人は好きなのを買ってください。

その値段付近から、最初から付いているコンポーネント(変速機とかクランクとか重要なパーツ一切合切)の数あるグレードの中の「SHIMANO105」というグレードになると思います。

そのグレードだったらレースにも出れるし、初めて買うには価格と性能のバランスがいい。受け売りですが。

ロードバイクにハマればハマるほど、最初にケチったところに不満が出てきてしまいパーツを買い替えることになるので、初期投資はできるかぎりしておいた方がいいです。

ロードバイクで心配な3大バグ

いくら楽しい面白いと言え、デメリットというか不安要素はあります。それがこの三大バグです。

転んで体がバグる

かなりのスピードで車と同じ公道を走るロードバイク。つまり怪我や事故のリスクは相当デカい。

交通ルール遵守の徹底やヘルメットや反射材などの安全装備に対する意識を高く持つべきですね。

まず安全第一。無茶な走りはしない。

金銭感覚がバグる

ロードバイクのパーツは高価なものが多いです。中でもホイールは買えたくなるパーツ筆頭じゃないでしょうか。

お金を使っているうちに10万単位の買い物が我慢できなくなりそうで怖い・・・。

仕事を頑張るモチベーションと思うしかない。うん、そうだ。そうしよう。

距離感覚がバグる

ロードバイク乗っていると、50kmくらいならロードバイクで行けるな、とか考えてしまいます。交通費もかからないし。

友達と少し遠いところに遊びに行くときも、ロードバイクで行きたくなってしまいます。でもまわりにロードバイク乗りがいないの・・・。

自転車の魅力満載のロードバイクが好きだ!

長々とお付き合いありがとうございました。

少しでも、あなたにロードバイクの世界に踏み出そうという気持ちが芽生えたら幸いでございます。

実際、ロードバイクを手に入れてから生活が変わりました。休みの日に暇することなんて無くなりましたから。

晴れてれば走りに行くし、雨ならメンテナンスや筋トレ。ネットで調べるのもロードバイクのことばかり。サイクルジャージをカッコよく着こなすために、自分の姿勢や体形も気にするようになりましたね。

30代以上の運動不足の方、何か人に言える趣味が欲しい方、ガチでレース出たい方・・・ロードバイクがあるじゃないですか。

バシさん
未体験ゾーンが待ってるよ!

関連する記事

お役に立てたらシェアをお願いします




書く人にも読む人にも優しい!
ブロガー専用テーマ「SWALLOWスワロー」を使っています

ブログを始めるなら、シンプルイズベストなWordPressテーマ「SWALLOW」をオススメします。

無駄なものが削ぎ落された、その名の通りSWALLOW(ツバメ)のような記事作成のスムーズさ!記事作成に集中できます。

なんとなくいい感じな、文章の読みやすさも段違い。

使ってみればわかる、間違いないWordPressテーマです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

千葉県在住の30代、非正規雇用で試行錯誤しながら生きています。 自分の経験を記事にすることで、読んでくれたあなたの脳みそを少しでも刺激できたら。