【未経験】職業訓練中or修了後の就職活動における選択肢5つ

\  この記事をシェア! /

就職活動まだ、本格的な就職活動はしていないのですが、訓練中、もしくは訓練後に未経験の職種へ就職活動を行うときに考えられる方法です。なかなか狭き門ですが、実際に就職している方もいるのであきらめずにチャレンジしていきましょう。

※ここでは僕の受けているWeb系の訓練での就職活動について書いていきます。

スポンサーリンク

 就職活動の選択肢5つ

Web業界で働く、という熱い思いとポートフォリオを持って就活です。Web業界といっても関わり方は様々なので、人によって目指す場所も違ってくると思います。訓練でも、Webを学ぶ中でグラフィックに興味を持った人、ディレクションがやりたい人、コーディングがやりたい人、いろいろです。

①未経験可の会社を受ける

当たり前の話なんですが、一番可能性がある方法ではないでしょうか。求人情報を見ると、未経験可で会社で教育を受けることができると書いてあるところがあります。多くの場合、社内で教育し他の会社に派遣されていくというタイプの会社だと思います。

Webだけではなく、ITに関わる様々な職種があります。訓練中にも学校でこのタイプの企業の説明会がありました。前職は様々で、未経験の方が活躍しているとのお話でした。

まずは実務経験や制作実績を積みあげ、更にステップアップしていくというのが現実的な話だと思います。その他「未経験可」「独学や訓練で学んだ方歓迎」などの求人をチェックしていきましょう。

②企業の広報など、Webがメインではないが情報を扱う部署に入る

これはまた別の先生に相談したときに聞いた話ですが、昨今、大小関わらずWebサイトを持っている企業が殆どです。会社の中で制作している企業も多くあります。

そういった部署を狙っていくのもアリだということです。その他、ネットショップの運営なども、比較的就職しやすいそうです。

③バイトで制作会社に入る

バイトとして業界に潜り込む方法で、努力して正社員登用を目指すやり方です。遠回りかもしれませんが、いきなり正社員よりも可能性は高いと思いますし、何より実際の業務に携われます。正社員登用への道が開かれている企業もあるでしょう。年齢や将来の不安もでてきますし、一つの案として。

④訓練校の先生からの紹介

先生の付き合いのある会社に紹介してもらうというやり方です。受ける訓練校にもよってしまうと思いますが、先生の中には現役のWebクリエイターとして活動されている方もいます。そのつながりで会社を紹介してもらうということです。

僕たちも実際企業との顔合わせということでお話しさせてもらいました。その時に言われたのは、「訓練卒業までにどこまで進歩できて、入ってからどこまで努力して稼げるようになるのか。」「あなた方を雇うメリットは?」などなど厳しいお言葉でしたが、職業訓練は現場からこうゆう見方をされているんだという現実を知れて良かったです。

訓練校に入っている方は、先生に相談してみるといろんな話が聞けるので、積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。

⑤特定の職種にこだわらずに活動する

確かにWebを学ぶための学科に入り、その業界に就くことがある意味正解なのかもしれませんが、変にこだわりすぎて就職できなかったり、自分の生活の質が悪くなっては本末転倒な話です。職業訓練を受けている方たちはそれぞれキャリアがあると思います。

それを生かした就活も視野に入れるべきではないでしょうか。可能性を広げるためにやっていることが可能性を狭めてしまうことにならないようにしたいですね。

職業訓練を受けることについて

職業訓練を取り巻く環境は賛否両論あると思います。でも僕はそんなことはどうでもよくて、訓練を最大限活用し、自分の中に新たな力をつけることに注力しています。そしてその先に、就職があります。やりたいことを仕事にするっていうのは、とても大変なことです。

訓練を受ける中で自分の道を見つけ、ポジティブな気持ちで働き始められたら、僕の職業訓練は大成功です。何かに興味を持つ、勉強をする、行動を起こすということは決して悪いことではないと思います。

年齢的なことや職歴、学歴、能力。就職っていろんな壁があって、辛かったりナーバスになったりするんですけど、やるしかないです。給料に関してはどんな仕事でもそうだと思いますが、未経験の場合は前職よりも少なくなるケースが多いと思います。

自分の目指す方向

今までの経験+訓練で学んだこと×就職=今までよりも更にステップアップした働き方

最後に

この記事を読んでいる同じ状況の方、お互いがんばりましょう!なんというか、無職の僕がいくら就職のことを書いても説得力がないので、希望通りの仕事に就職できた際には、もっともっと役に立つ記事が書けると思います。

では、よいお盆休みを。

スポンサーリンク

\  この記事をシェア! /

\ お気軽にフォロー! /