漢とシバターのビーフ、HIPHOPという文化をバカにするのは筋が違くない?

\  この記事をシェア! /

おつかれっすバシです。

TV番組『フリースタイルダンジョン』で類まれなる存在感を発揮しているラッパー、漢 a.k.a GAMI

僕もHIPHOPが好きで、カッコいいと思うアーティストの一人です。

その漢とビーフ(揉め事)を起こした相手が、まさかの炎上系YouTuberのシバターでした。

日本語ラップを聞かない人にはピンと来ないかもしれませんが、ここまでの一連の流れを見て感じたことを書いていきます。

敬称略。

スポンサーリンク

漢とシバター

両人を知らない方に簡単に紹介すると、漢はHIPHOPアーティストで『新宿拡声器集団MSC』のリーダー。

頭韻を巧みに操りメッセージ性の強いリリックが心に刺さる、日本を代表するラッパーです。

この曲の漢のバースがカッコよすぎる。

韻踏合組合 – “一網打尽 (REMIX) Feat. NORIKIYO,SHINGO★西成, 漢” Official Video

漢のことをもっと知りたい方はスリリングな気持ちで読める自伝が出ています。

彼の生い立ち、思考が垣間見れます。

漢が怒りの矛先を向けるシバターは、以前から炎上動画をYouTUbeに投稿することで知名度を上げてきた過激なYouTuberとして知られています。

HIKAKINの著書を燃やす動画が衝撃的でした。

好きなことで、生きていく SHIBATAR YouTube TVCM

挑発にしか見えないシバターの返答

この記事を書いたきっかけは、シバターのこの動画を見たからです。

売名おじさん漢ちゃんに贈るラップ

現時点ではこの動画が一番新しいシバターからの返答です。

というか挑発ですね完全に。

格好もラップも完全にバカにしています。

中途半端な知識でHIPHOPをバカにしないでほしい

事のいきさつはYouTubeをみてもらえればわかるので割愛します。

漢はこの動画で怒りの理由を『HIPHOPをバカにされた、おちょくられた』と語っています。

【へきトラ】異文化交流中の皆様へ、全ての真相をお話しします。【シバター】

実際シバターも『HIPHOPがダサい』という旨の発言をしています。

ぜんぜん漢らしくない奴から喧嘩売られたんだが・・・

シバターがHIPHOPをカッコ悪いと思う2つの点。

  • ラップはダジャレ
  • いい年した大人がダボダボの服を着て「YO!!YO!」とカッコつけている

ちょっと待てと。

ビジュアル面のイメージっていつの話なんだと。

シバターの中では10数年前の、それも極端に誇張されたB-BOYの印象で止まっているんだなと思いました。

そして、『ラップはダジャレ』というのはもはや論外で、韻を踏みながら言葉を紡いでいくという音楽としてラップを味わう醍醐味も理解していないんだなと。

そして前述の残念な動画につながるわけです。

現在僕は30代半ば。

中学校の時にランプアイの『証言』を聞いて初めて日本語ラップに触れ、イントロから

「ん!?」

となり、初っ端のRINOにしびれたのを覚えています。

Lamp Eye – 証言 (Video)

それまでクラスの女子とグレイやらラルクの話で盛り上がっていた僕は、純粋に感じたわけです。

「こんなにカッコいい音楽があるんだ!」

高校になり、DJをやっている友達が出てきて、いろいろ聞いていくことになります。

ZEEBRAの意味を通しながら踏む韻の固さに驚き、

ZEEBRA – 真っ昼間

リブロの文字通り流れるようなフロウで心地よくなり、

Libro “対話”

SOULSCREAMの詩的な世界観に心を躍らせたわけです。

Soul Scream – TOu-KYOu(Video)

まだまだ他にも素晴らしい日本のHIPHOPアーティストはいますし、新しく出てきています。

日本のHIPHOPはカッコいいです。

だから、シバターも自分の中のイメージだけで毛嫌いせずに、HIPHOPを、漢のラップを聞いてほしいと思うんです。

決して今の日本語ラップはダジャレなんかではないし、ファッションも多様化しています。

DOTAMA

出典:PROFILE | DOTAMA

スーツを着て猛毒ディスを吐くDOTAMAもいるし、今までの概念を覆すSALUみたいなラッパーもいますよね。

SALU

出典:「一緒に曲ができるといいな」KREVAがSALUにエール – 音楽ナタリー

中途半端な知識・印象でHIPHOPをバカにした発言をしてしまうのはとっても残念だし、HIPHOPを稼業にしている人間には許せないのは当たり前です。

好きで聞いているリスナーでさえそう思うのですから。

HIPHOPを盛り上げる為にYouTuberに興味を持つのは当然

YouTube

漢の行動と言動から、日本のHIPHOPを盛り上げようとしていると考えているのは明白で、きちんと結果を出している数少ない人物です。

MCバトルの大会『KING OF KINGS』を立ち上げ、フリースタイルダンジョンでは恐怖のモンスターとしてチャレンジャーの前に立ちはだかる。

HIPHOPを聞かない人にも強烈なインパクトを残します。

この曲で漢はこう言っています。

一昔前の日本じゃまずありえない
ラッパーがお茶の間賑わす時代と
なってきたぜようやく最近

これは漢をはじめとするこれまで活躍してきた日本のHIPHOPアーティストの功績です。

Mステにダンジョンモンスターが出るという快挙もありました。

このタイミングで世の中に認知されてきている、それも人気のあるYouTuberと協力し、さらに加速させていこうと考えるのは当然の流れだと思います。

人に情報を伝える手段として動画というのはとても効果的だし、チャンネルの登録者が増えればそれだけ拡散されます。

YouTubeと音楽というジャンルの相性は抜群です。

個人的には漢とシバターが何らかの形で手を取り合い、「HIPHOPにプラスになる動きをしてくれたらなと期待しています。

このビーフ(揉め事)をエンターテインメントに昇華する腕もシバターにはあると思うし、最終的に暴力云々という話は絶対に避けてほしいです。

そうなってしまったら途端に興ざめしてしまい、ネガティブな方向で盛り上がってしまいますからね。

それぞれのフィールドで活躍している力を持った二人ですから、化学反応でものすごく面白いものが見られるような気がします。

最後に

現段階ではシバターが漢を煽っている形になっており、どうなるかハラハラしています。

漢はアウトローな世界でも生きてきたわけだし、周囲にも危険な匂いがぷんぷんするわけじゃないですか。

最後はピースに決着をつけてほしいというのが、いちHIPHOPリスナーとしての正直な意見です。

そして、シバターにはHIPHOPを好きにならなくても、偏見を無くしてくれることを望みます。

それでは!

スポンサーリンク

\  この記事をシェア! /

\ お気軽にフォロー! /