自分も周りも幸せ、 知って欲しいお菓子作りの魅力

\  この記事をシェア! /

シュークリームもうこの記事のタイトルがすべてです。僕はお菓子を作るのがたまらなく好きで、楽しくてしょうがなくなってしまいます。粉をふるい、バターやオイル、ドライフルーツを混ぜる過程や焼いてるときに感じるいい香り。

できあがりに自己満足して写真を撮ったり幸せになる要素が満載です。そんなお菓子作りの、僕が感じている魅力をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

初めて作ったお菓子

最初は、会社に持っていくお弁当を作りはじめたところから料理に興味を持ちました。料理に少し慣れはじめた頃、興味本意でお菓子のレシピを見てみました。そこにはホットケーキミックスでできる、簡単なスコーンのレシピが書いてあったんです。そして、初めて作ったお菓子がそのスコーン。

scone

自分にも作れたことが嬉しかった

家にあった材料だけで美味しいお菓子が作れたことに驚き、自分にもできるんだという小さな成功体験がお菓子作りにハマる大きなきっかけとなりました。そこからいろいろなレシピを見ながら、失敗しながらも作ってみたいお菓子に挑戦していきました。

失敗して落ち込むこともありますが、回数をこなしていくうちに「なんか見えてきた!」と上達を感じられるのも、やめられない要素のひとつです。

男のほうがこだわるかも

男性はものづくりがすきな方が多いと思います。プラモデルとか、工作とか。お菓子作りには、それに近い要素が結構あると思います。道具を使い、一つの作品にする。出来あがりは自分の感覚や技術が左右する。

料理もそうですが、男性の方がこだわりの強い方は多いかもしれませんね。分量や時間はシビアでも、できあがるものは甘くてかわいいんです。

僕が感じるお菓子作りの魅力

作る楽しさ

ただの粉がどんどん作りたいお菓子の形になっていく様子はものづくりの醍醐味。想像通りの形にできるか、ワクワクします。

見る楽しさ

キレイにできた時の達成感や満足感はたまりません。焼き色や質感を、思う存分四方八方から見て楽しみましょう。

食べる楽しさ

自分で作るということはオーブンから出した焼きたてを食べることができるんです。素晴らしいメリットだと思いませんか!自分の味を思う存分味わいましょう。

分析する楽しさ

どうしてうまくいったのか?、またどうして失敗したのか?材料は?分量は?これを繰り返すことでメキメキと上達するはずですし、調べていくうちに知識もつきます。お菓子作りは本当に科学だと思います。

人に食べてもらう楽しさ

人の喜ぶ顔が見たいと思う感情は誰しもが持っていると思います。大切な人がいるなら尚のことそう思うはずです。そんなとき、あなたが作ったお菓子があなたに人をハッピーにする力を授けてくれます。

記録する楽しさ

写真を撮ってアルバムを作る。twitterやfacebook、その他のSNSでシェアをする。料理の写真のシェアはもう定番です。お菓子好きな人との新たなつながりができるかもしれませんね。

最後に

目・耳・鼻・口・手・頭・心、人間が持つ感覚全てで楽しめることがお菓子作りの魅力だと思います。全くやったことのない人は、試しに簡単なホットケーキでも焼いてみてください。僕の伝えたいことが少しでも伝わると幸いです。

僕の偏見だったのですが、意外と女性ってタイミングがないとお菓子を作らないみたいですね。美味しいお菓子を作れると、かなりポイント高いと思うんですけどね!

スポンサーリンク

\  この記事をシェア! /

\ お気軽にフォロー! /